そろそろ妹がちゃんと自立していくように…

妹が大学院を卒業してから、もう何年も経っているのですが、未だに妹の奨学金をお母さんが支払っているらしいです。
先日、初めてそんな話を聞いてびっくりしてしまいました。
最近になって、ようやく、妹が自分の口座から奨学金の引き落としがかかるように、変更の手続きをしたみたいです。
いままではというと、妹の懐の余裕があるときだけ、お母さんにお金を渡していたのだそうです。
妹は、別にだらしないとか、お金にルーズというわけではないのですが、少しずぼらなところがあるんですよね。
あまり時間や期日を細かく気にするタイプではないらしく、よくいろいろな支払いの督促状が届くことがあったりします。
でも、お金がないというわけではなく、督促状が来てもすぐに支払っているみたいで、ただたんに忘れていただけみたいなんですよね。
それにしても、そろそろ年齢的にもしっかりと自立してもいい頃だし、今後を考えると、そういう性格も直した方がよいのではないかと思います。
あまりきつく言うと、妹はすぐに拗ねるというか機嫌を悪くすることが多いので、少しずつ進めていくように発破をかけて行くのが良さそうですね。銀座カラー 無料カウンセリング

ベガルタ仙台のキャンプインに際して感じること

ベガルタ仙台が沖縄でキャンプを行っている。昨シーズンは12位で目標の5位以内には届かなかった。昨シーズンからずっと4バックで戦っていたのを3バックにした。新たなシステムで臨んだ昨シーズンは、終盤に徐々に形になっていき、面白いサッカーを展開していた。今までのベガルタ仙台は、堅守速攻のカウンタースタイルであったが、昨シーズンからのシステム変更は、より攻撃的にアグレッシブにボールを握って戦うスタイルへと変貌をとげようとしているのが分かった。確かに昨シーズンに見せた終盤の戦い方が常時出来れば、チームの目標にも手が届くだろう。ただ他のチームも当然研究してくるだろうし、補強で力を付けている。そこをどう打ち破っていくのか、チームの基本戦術を徹底させることと相手が研究してきたことを想定したオプションをどれだけ多くもつことが出来るのか、そこがカギになる。キャンプ期間中にどこまでチームを成熟させることが出来るのかが今シーズンの結果を占うだろう。

入園準備シーズンに向けて、コップ袋を作っています

入園準備のシーズンがやってきます。
我が子が入園するときは、年が明けてから準備しないとという気持ちになりそわそわしていました。
幸い、うちの子の園では、準備するものは少なかったのですが、違うところのプレスクールに行っていたときに、サイズしていのスクールバッグなどがいるとのことで焦った記憶があります。

昨年から、ミシンを初めて、いろいろな物に挑戦しています。
最近では、レッスンバッグやシューズ袋が作れるようになりました。
あと、昨年マルシェで結構売れた、コップ袋も作っています。

入園準備シーズンに向けてせっせと作っていますよ。
コップ袋は1人2つくらいあった方がいいのかなとか思い、コップ袋をたくさん今は作っています。
生地を裁断したり、アイロンをかけたりというのは大変ですが、出来上がってくると嬉しいです。

いろんな柄の布を使って作るのが本当に楽しくて、時間さえあればミシンをやっていますよ。
楽しいです。
ミンネやメルカリでも出品予定です。

2018年1月23日の私の出来事について

2018年1月23日の私の出来事について書きたいと思います。昨日の夕方から雪が降っていましたが、そのせいで今日の朝には家の前の道路は積雪になっていました。氷点下マイナス2度になるという寒さです。あまりにも寒いので、今日はカイロ2個取り出して、手を温めていました。近所の人が雪をどけていた作業をしていました。昼頃になると太陽が当たってきて、雪が解けていました。風がなかなか強かったので、外に出て散歩できない状況でした。こういう日もあるのですね。とりあえず、カイロを買いだめしておいて正解でした。こういう日って、買い物にも出かけられないので、暖房に困るので、日頃からカイロを買いだめしておいてよかったです。しかし、積雪の日って、そうはないので、PSVitaの写真機能で写真を取りました。雪の景色は、なかなかの絶景でした。天気予報を見る限りでは、まだまだ氷点下を下回る日が続くそうなので、耐えしのぐ日々が続きます。全身脱毛 人気サロン 比較